これまでのお魚くらぶ

お魚くらぶの様子をご紹介します

うちフグしようよ!

すっかり秋めいてきましたね。


10月20日からの4回連続で「うちフグしようよ!」と題し、
フグをぐ〜んと身近に感じてもらえるような企画を催しています。

 

FB_IMG_13507252727926282うちフグ8.jpg 

 

 

これは「身欠きふぐ」

下関などフグの産地で内臓などの有毒部位を取り除いてから出荷される安全な製品です。

今年から東京都の条例が改正されて、一般消費者である皆さんが街中でこの類の「有毒部位除去済製品」を手に入れ易くなりました。

 

 

フグの捌き方さえ知っていれば

 

 

ご家庭で「てっさ」をひいたり…

 

ENIMAGE1350731699510うちフグ1.jpg

 

 

安価なフグを使った冷めてもおいしいから揚げをお弁当に…

 

ENIMAGE1350731979306うちふぐ4.jpg

 

なんてこともできるはず。

 

 

実際やってもらうと

 

ENIMAGE1350731869923うちフグ3.jpg

 

 大人も…

 

 

 

ENIMAGE1350731724495うちフグ2.jpg

 お子さんも…

 

 皆さん たどたどしくも楽しそうにさばいていって

 

 

 

 

てっさ・から揚げ・雑炊の3点セットが完成しました!

 

FB_IMG_13507323122545851うちフグ9.jpg

 

 

専門店のように美しく作れなくても、
家族や友達同士で集まって食べるのなら問題ないでしょう?

ウロコが飛び散ったり、血が出たりすることもないのでキッチンもそれほど汚れません

 

身欠きフグは「ハレの日」などのちょっとしたパーティーには最適な製品だと思います

 

参加してくださった皆さんが、ご家庭で、友達同士で

「うちフグ」してくれたら幸いです。。

 

 

<おまけのギャラリー>

個性あふれる「てっさ」だったので・・・

 

ENIMAGE1350731742654ウチふぐ5.jpg

ENIMAGE1350731954175うちフグ6.jpg

ENIMAGE1350732164611うちフグ7.jpg

 

 

 

 

秋サケを食べつくそう

9月26日(水)

ようやく秋らしい空気が漂い始めましたね。
今日は9月最後のお魚くらぶの日。 
「秋サケを食べつくそう」ということで揃えたのが…

 

 ENIMAGE1348616688271お魚くらぶ銀聖1.jpg

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「銀聖」

 

日高沖は日本有数の美味しいサケの産地ですが、そこで水揚げされたサケの中でもさらに厳しい基準をクリアした選りすぐりの逸品!

なんでも全体の5パーセントくらいしか「銀聖」にはなれないそうで、いわばエリート中のエリートなサケだったりします。

 

そんな銀聖をおふたりにつき一匹ずつ用意できたので、

 

みなさんに自分でさばいて切り身にしてもらうことにしました。

ふだん何気なく手にしているサケの切り身ですが、自分で作ると個性が出て面白い。。

 

ENIMAGE1348627585659お魚くらぶ銀聖2.jpg

ENIMAGE1348628259259お魚くらぶ銀聖3.jpg

 

 

 

 

 

 

ENIMAGE1348631706953お魚くらぶ銀聖4.jpg

イクラの醤油漬けもイチから作ってみました。

「本命はこっち!」という方も多かったようですが、
それほど難しくないことがおわかりいただけましたか?

 

 

産地の方の銀聖に寄せる熱い思いと、

皆さんの頑張りがひとつになって、

極上鮭の親子丼ができあがりました! 

 

ENIMAGE1348633789096お魚くらぶ銀聖5.jpg 

 

 

いや〜、本当にうまかったです!

 

皆さん、お疲れ様でした。

とにかくお魚をさばいてみよう

お魚くらぶ9月募集用7.jpg

9月22日(土)

やっと秋らしくなったこの日、定番の「とにかく…」の会を開催しました

メインはサンマにしようと決めていたのですが、
台風の影響が抜け切らず、珍しいくらいお魚が揃わずに大苦戦

 

 

ENIMAGE1348309357072お魚くらぶ9月22日2.jpg

 

サンマを2尾、大型のキス3尾、白イカ1パイ…

これじゃ、ちょっと寂しすぎるので

 

 

 

ENIMAGE1348307003641お魚くらぶ9月22日1.jpg

 

旬の走りを迎えた生筋子と

豊漁のままシーズンを終了した黒アワビをご用意

 

 

 

ENIMAGE1348311894750お魚くらぶ9月22日4.jpg

 

イクラと簡単蒸しアワビ風にして振る舞うことに

 

 

 

皆さんが作ったサンマと白イカのお刺身、キスの簡単昆布和えを乗せて

 

ENIMAGE1348311854539お魚くらぶ9月22日.jpg

 

今回も超豪華海鮮丼が出来上がりました

 

 

 

実習という意味では物足りなかったかもしれないけど、

試食も含めたら満足していただけたんじゃないかと…

 

みなさん、お疲れ様でした。。

カツオを堪能しよう

ENIMAGE1347094544636お魚くらぶカツオ.jpg

9月8日(土)

少しだけ秋の気配が漂う中、カツオを堪能しよう!の会を開催しました

今夜は食べることがメインの会
デモもそこそこに、さっそく実習スタート

 

 

 

ENIMAGE1347096543644お魚くらぶカツオ2.jpg

皮に硬い部分があったり、血合いが大きかったり、
カツオならではの特徴があったりするけれど、基本的にフツーの魚。

皆さん、それほど苦労もなく…ということはなかったけど、なんとかパーツごとに分けたら…

 

 

 

 

ENIMAGE1347100304154お魚くらぶカツオ4.jpg

背側をたたき用

腹側は刺身用

お腹の部分は炙り用

にそれぞれの特性を生かした下ごしらえをしてみました

 

 

 

ENIMAGE1347101510121お魚くらぶカツオ5.jpgENIMAGE1347101825390お魚くらぶカツオ6.jpg 完成品はこちら

刺身・炙りに添えてあるのは玉ねぎを擦ったものです
シマヅのお客様に教えてもらったのですがこれが絶品!

 

 

 

 

刺身用におろしてみるとロスが多いカツオですが、それを捨ててしまうのはもったいない… 

アシスタントの道脇さんと一番相談したのもその部分だったんですけど

 

 

ENIMAGE1347100279915お魚くらぶカツオ3.jpg

ENIMAGE1347101913897お魚くらぶカツオ6.jpg

今回は簡単なまり節風にしてお土産に。
煮物、サラダ etc... 幅広く活躍してくれるはず。。

 写真にはありませんが、骨についた身はすり流し椀にして試食してもらいました

 

 

参加してくださった皆様、お疲れ様でした。

 

確かに街中ではサクになってパック詰めされたカツオにしかお目に掛かれなくなっています。

そういうものでも部位を選んでいろんな食べ方をしてみたり、

残ってしまっても捨てずに次の日加工してみたり…

 

これを機に上手にカツオを召し上がっていただけるようになってくれたら幸いです。

  

とにかくお魚をさばいてみよう

ENIMAGE1345600983117お魚くらぶ8月22日1.jpg

8月22日(水)

今月最後のお魚くらぶは「とにかくお魚をさばいてみよう!」の初心者クラス

お魚を扱う基本を徹底的にお勉強する会です

集めたお魚はイサキ、アジ、イワシ

 

 

ENIMAGE1345607875537お魚くらぶ8月22日2.jpg

派手には欠けますが、基本の練習にはピッタリのラインナップ

下処理から始めて、三枚おろしにするまでを繰り返し練習してもらいます

 

 

 

 

 

ENIMAGE1345609964456お魚くらぶ8月22日3.jpg

包丁の使い方でお刺身の味は劇的に変わります

今日はマグロのサクも用意して
お刺身の引き方を練習してもらいました

 

 

 

 

ENIMAGE1345609986552お魚くらぶ8月22日4.jpg

最年少のれいちゃんも大活躍!

大人と同じメニューを立派にこなしてくれました


これは甘海老をいているところ

 

 

 

 

ENIMAGE1345611619243お魚くらぶ8月22日5.jpg

本日のメニューはこちら

アジのたたきとナメロウ、マグロと甘海老のお刺身、イサキのソテー

 

お味噌汁は甘海老の頭でダシをとってあります

 

 

ENIMAGE1345612111862お魚くらぶ8月22日6.jpg

いたってシンプルなメニューでしたが、それだけに
「お魚は扱いの差で味が変わる」ことがわかっていただけたのでは?

 

 

 

 

いつも言っていることですが、お魚をさばくのは難しいことではありません

 

たとえば3枚おろしは

「包丁を正しい場所にセットしたら、力を入れずに骨の上を滑らせる」

 

これだけです。

 

お魚を上手に捌きたいと思ったら、とにかく数をさばいてなれてください

そのきっかけとしていただくために、「とにかく…」の会を今後も継続していきたいと思います。

 

皆様、お疲れ様でした!

 

 

とにかくお魚をさばいてみよう

ENIMAGE1345341797247お魚くらぶ8月19日1.jpg

8月19日(日)

今月2回目の「とにかくお魚をさばいてみよう」を開催しました
今回は初回者限定ということで、初心に帰ってみようかと…

 

 

ということで揃えたお魚はかなりのボリューム
上の写真でおひとり分です(イナダは1/2ずつ)

 

 

ENIMAGE1345345300511お魚くらぶ8月19日2.jpg

頭を落として、内臓を取り除くとこんな感じに

イナダの頭を割る作業があったわりに、

ここまで皆さん順調そのもの!
いよいよ本命のおろす作業に入ります

 

 

イワシは手開き、カレイは5枚おろし
アジ、メバル、イナダは3枚おろしに…

デモを1回見ただけで上手にできるわけがないのですが、
あえて細かいことは言わずにひたすらおろしてもらいます

予想通り皆さん混乱していました(ので、写真は撮れず…)

でもそれが「とにかく…」の会の基本形

 

 

ENIMAGE1345353887247お魚くらぶ8月19日4.jpg

きれいにおろせなくても、

 

から揚げにしてしまえば残った小骨も気にならない

 

 

 

 

ENIMAGE1345353223851お魚くらぶ8月19日3.jpg

生食の場合でも

ちょっと失敗した所や骨につきすぎた身はナメロウ風にすれば美味しく食べられる

 

 

 

 

上手にさばけるようになるコツは

「とにかくさばいて魚に慣れること」

 

その機会を提供するのが「とにかく…」の会

 

最初から上手くやろうとしないで、それなりの食べ方をするというのも有りなのでは? 

これからも、そんなコンセプトで開催していきますのでよろしくお願いいたします!

 

そうそう…

ENIMAGE1345354094947お魚くらぶ8月19日5.jpg

父子3人で参加してくださった方の試食中の写真です

豪快にさばいて、豪快に作って、豪快に食べる!

家庭で同じことをしたらお母さんが嫌がりそうですが、3人ともとても楽しそうでした

 

 


そういう場としても使って欲しいですね〜

お子様連れ大歓迎です

とにかくお魚をさばいてみよう

ENIMAGE1344132396311とにかく8・5ー1.jpg

8月5日(日)

今月のお魚くらぶはとにかくお魚をさばいてみようを3回

第一回目のこの日はアドバンスクラスということで、
かなり難易度の高いお魚ばかり集めてみました

 

 

まずは「網で獲ったカマス」の三枚おろしからスタート

骨が硬くて身が柔らかいお魚をさばくのはかなり難しい!
「網で獲ったカマス」はまさにその典型で、力任せは厳禁です

 

サバはカマスみたいに骨は硬くないけれど、いわゆる「身割れ」をさせやすいお魚の代表格
ただ捌くだけなら簡単ですが、きれいに捌くには至難の業です

カマス以上に慎重に、包丁の入れ方はもちろん、魚の持ち方から始まって、左手の使い方なども細かく伝えていきます

この辺になると皆さん真剣そのもの
静まり返った中で黙々と魚をおろしていました

(こちらも写真を撮るどころではなく、この時間帯はNO IMAGEです)

 

悪戦苦闘の末… 

 

ENIMAGE1344140761477とにかく8・5−4.jpg

 

三枚おろしにしたカマスは

一か月ぶりに戻ってきた頼れるアシスタント、道脇さんの指導で串打ちをしてから塩焼きに

 

 

 

 

ENIMAGE1344137516152とにかく8・5−2.jpg

 

サバは〆サバの下ごしらえをして宿題として持ち帰ります

 

 

 

〆サバにはいろいろレシピがありますが、今日はいちばんミスの少ない方法を伝授

あとは自分の好みの味をみつけて、感覚を掴めるようにするしかない!

 

ENIMAGE1344145574717とにかく8・5−6.jpg

試食用の〆サバは3種類用意しました

前の晩に仕込んだもの、朝イチで仕込んだもの、会が始まってから仕込んだもの…
同じ方法で仕込んでも、時間のかけ方でだいぶイメージが変わってくるのがわかってもらえたかな。。

 

 

 

 

ENIMAGE1344143421155とにかく8・5−5.jpg

今回の献立

シジミ汁は暑さで疲れた体を癒してくれます

ウニはおまけ

 

 

 

 

ENIMAGE1344138746703とにかく8・5−3.jpg

そうそう、

新子にもチャレンジしてもらいました

これは体験ということで(笑)

 

 

 

お魚をさばくのは難しくないし、上達のコツは慣れることではあるけれど、

理屈から入るのもひとつの方法だったりします

今回は理解できた方、??だった方、つまらなかった方もいるかもしれません

でもそういう意味で、

たまには頭から入るテクニカルな会もいいんじゃないかな…などと思っています

 

たまには…

 

ですけど(笑)

 

皆様、お疲れ様でした

とにかくお魚をさばいてみよう

ENIMAGE1343527257665お魚くらぶ7・29 1.jpg

7月29日(日)

恒例企画の「とにかくお魚をさばいてみよう」を開催しました

海が凪いでお魚をたくさん買いすぎてしまい、

タイ、イワシ、アジ、白いか、カサゴを各1匹と今回は相当のボリュームです

 

 

ENIMAGE1343533579734お魚くらぶ7・29 3.jpg

全部三枚おろしにするとこんな感じに。

慣れることが上達のコツ…

「とにかく・・・」の会の原点に立ち返ったハードさに、皆さんついてくるのがやっと(笑)

 

 

今回は量だけでなく、

光物のしめ方や、身の柔らかいお魚を上手に生で食べる方法など、

魚屋のちょっとしたアイデアも伝えたつもりだけど…ちゃんと伝わったかな?

 

 

ENIMAGE1343538079473お魚くらぶ7・29 4.jpg

 

そういうわけでお料理も盛りだくさん!

定番のお刺身は4点盛り (真鯛のヅケ炙り、軽くしめたアジとイワシ、白いか…アジは写真にありません)

 

 

 

 

 

ENIMAGE1343538907485お魚くらぶ7・29 6.jpg

 

カサゴは塩糀で味を付けてからホイル蒸しに

アラでダシをとった味噌汁も美味でした

 

 

 

 

ENIMAGE1343538928706お魚くらぶ7・29 5.jpg

 

 

トコブシは炊き込みご飯にして試食してもらいました

 

 

 

さらに・・・ 

 

 

ENIMAGE1343538953837お魚くらぶ7・29 7.jpgがんばった皆さんに僕からのプレゼント

徳島産の赤ウニです

これはかなりレアだったりします

 

 

みなさん、お疲れ様でした。

 

断っておきますが、

この内容はお魚がたくさんある時にしかできないのでご勘弁を。。

 

最後に…

 

ENIMAGE1343533537149お魚くらぶ7・29 2.jpg今回無理にアシスタントをお願いした太田さん、宮田さん。

大量の魚の鱗取りにはじまって、カサゴの頭を全部落としてもらったりと
当初の話より相当お仕事が増えてしましましたが…

 

 

 

本当に助かりました。


ありがとうございます。

 

活タコと戦おう

ENIMAGE1340005317628たこ3.jpg

7月25日(水)

梅雨も明けて夏本番!
朝から不快指数も急上昇の蒸し暑さの中、「活タコと戦おう」の会を開催しました

 

 

 

ENIMAGE1343182844085タコ会7.jpg

 

今回は久里浜産の元気な活タコをご用意!
各自「活〆」をするところから実習スタート

 

 

 

タコも必死ですから…

逃げる、暴れる で予想通りの大騒ぎ!

 

 

ENIMAGE1343182904351タコ会6.jpg

タコの吸い付く力って想像以上に強いんです
何より足が8本あるから、一本はがしても別の足がまとわりついてきたり…

 

 

 

寄ってたかっていじめてるみたいですが、張り付いたタコを母娘4人で協力してはがしてるところ 

 

 

 

 

ENIMAGE1343186006466タコ会5.jpg

これは戦いに敗れたタコの姿

塩揉みされてすっかりおとなしくなってしまいました

 

さらに塩抜きされて、茹でられちゃいます

 

 

 

ENIMAGE1343188625768タコ会3.jpg

  戦のあと…

 

  各テーブルの上には大量のタコブツ

 

 

 

    それは…

 

 

ENIMAGE1343190039656タコ会1.jpg

 

  大量のタコ焼きになりました

 

 

 

 

 

          他には2品

 

 

ENIMAGE1343189199714タコ会2.jpg

タウリンが豊富なタコと夏に不足しがちなカリウムを多く含んだきゅうりは相性バッチリ!
お子様も食べやすいように黄身酢でさっぱりいただきました

 

もう一品はタコの頭をネギ味噌で和えたもの
僕のじいちゃん秘伝(?)の品で、お酒との相性が最高です!

 

 

 

とにかく楽しい会でした!

優先的に募集したにもかかわらずお子様の参加が少なくて残念でしたけど…

 

活きたタコを自分でさばいて作ったタコ焼きって、普通は食べる機会がないんですね。

アシスタントの畠山さんに指摘されて、後から気が付きました

 

貴重な体験の場としての「お魚くらぶ」、これからもどんどん企画しますね

 

皆様、お疲れ様でした。。

 

 

天ダネをさばいてみよう

7月11日(水)

ENIMAGE1341972092800天ダネ1.jpg

「天ダネをさばいてみよう」の会を開催しました

車エビ、キス、メゴチ、稚アユ、鱧、アナゴ…

今回のラインナップは個性派揃い

きちんとさばこうと思うとけっこう難しいお魚ばかり…

 

 

 

冒頭から活きた車エビが飛び跳ねて大騒ぎ

テンプラ用の小さなキスに大苦戦したかと思ったら、

見たこともないという人が大半のメゴチで頭を悩ます…予想通りでした

 

 

ENIMAGE1339977864195穴子.jpg今回一番の試練はアナゴ

 

皆さんが初体験ということである程度は想像してましたけど…

教え方が悪かったかな?

 

 

 

 

ENIMAGE1341976585184天ダネ2.jpg

今回も登場した鱧は「鱧切」という専用の包丁を使って骨切りにチャレンジ

 

何事も経験だから…と用意した鱧切ですが、 

この包丁を握っていると誰でも様になってしまうから不思議です。

 

 

 

 

ENIMAGE1341980762018天ダネ3.jpg

悪戦苦闘の末、何とか「天ぷら定食」のできあがり!

 

趣旨としては「揚げながら試食」だったのですが??? 

さばくのに疲れてそんな余裕もなくなってしまったかな(笑)

 

 

 

皆さんがとても楽しそうだったのが印象的でした

技術を磨くのもいいけれど、こういう「体験がメイン」の会はいいですね

これからも、マニアの会にならない程度に「体験」をちりばめていけたら…と思います

 

 

お疲れ様でした。。

鱧を体験してみよう2

ENIMAGE1340763183321鱧会1.jpg

7月27日(水)

「鱧を体験してみよう」と題して開催しました
これで2回目となる鱧ですが、前回の様子を見る限り「体験」の域を出ることは不可能かと…。

そこで、どうせなら思いっきり体験してもらおうと、今回は朝まで泳いでいた鱧をひとり一匹用意

 

 

 

ENIMAGE1340763409647鱧会2.jpg

表面のぬめりをとるところから自分でしてもらいました

内臓を出して、ひれを抜いて、開いて…

言葉にすると簡単っぽいですが、活ジメして間もないものだから当然

いちいち動きます

頭を落として数時間たっても噛みついてくるという、鱧の豊かな生命力を感じてもらえたかな(笑)

 

 

 

 

ENIMAGE1340766564943鱧会3.jpg

そこかしこで悲鳴やら、唸り声が聞こえてきて、

「悪戦苦闘、でも楽しかった!」の狙い通り(笑)

と思いきや、中にはこんなに綺麗にさばいてしまった方も

この方はある意味特別ですが、何となく様になっている方が多くてこちらもびっくり

 

 

 

 

ENIMAGE1340771005247鱧会4.jpg

 お献立は

あったかい湯引き、茶碗蒸し、ひつまぶし風

と、今回も鱧づくし

一匹ペロッとたいらげた方もいるくらい、皆さん喜んでくださいました。

 

 

 

それもそのはず…

今回用意したのは韓国産の鱧。東京にはほとんど出回っていない最高級品です。

 

本当に美味しいものを知ってもらう…

これもお魚くらぶの目的ですから、今回も「めでたしめでたし」ということで。。

 

 

とにかくお魚をさばいてみよう

ENIMAGE1339562932487とにかく6月2.jpg

6月13日(水)

築地お魚くらぶの定番企画「とにかくお魚をさばいてみよう」を開催しました

今回は皆さんになじみの深いものに絞ってお魚をチョイス
基本の三枚おろしにじっくり取り組んでみました

 

 

 

ENIMAGE1339562995462とにかく6月3.jpg

いつものようにデモからスタート
最近少し理屈っぽくなってきて少々反省

 

さらにもうひとつ反省は…

 

 

 

 

ENIMAGE1339563029017とにかく6月4.jpg お料理の献立を敢えて指定しなかったこと

 

 「できること、したいことを自分のペースで」というのが理想だったのですが、

 お魚を扱いなれていないと逆に難しかったようです

 

 

ENIMAGE13395607447726月13日とにかく.jpg

今日はアジ×3、イワシ×2、イサキ×2、サザエ×1、鱧(試食だけ)というラインナップ

三枚におろしてからでも、いろいろお料理できるんだけど…

なれていない人は何を作っていいんだかわからなくなってしまったようで。。

 

 

この反省を生かして、次回の「とにかく…」は初心者限定で懇切丁寧な指導ができるくらいのボリュームにしてみようかな。

 

皆さん、お疲れさまでした。

 

大久保朱夏さんが、この日の様子をブログで紹介して下さいました

http://shukas.exblog.jp/16053262

http://shukas.exblog.jp/16070581/

http://shukas.exblog.jp/16069486/

 

 

 

鱧を体験しよう

ENIMAGE1338683890572鱧.jpg

6月3日(日)

今回のお魚くらぶ、またまた無茶してみました

鱧をおひとりにつき1匹ご用意!

さばくところからお料理まで「体験」してもらいます

 

 

 

ENIMAGE1338694456936骨切り生徒さん.jpg 「実物の鱧を見るのが初めて…」「お魚をさばくのがはじめて」
数々の頼もしいお言葉が聞かれましたが、今回はあくまで「体験」

細かい事にはあまりこだわらず、鱧独特の手順を踏んでさばいてもらいます

もちろん骨切りもご自分で。。

 

 

 

ENIMAGE1338694480408洗う.jpg

大人も皆が初めてですから、今回はお子様が大活躍!

出汁を取るために骨をきれいに洗ったり、

 

 

 

 

ENIMAGE1338696786477揚げる.jpg

 

骨切りした鱧に衣をつけてあげてみたり

 

 

 

 

 

ENIMAGE1338694414930こな打ち.jpg

おいしい鱧を体験してもらうためにスタッフも大活躍!

しっかり準備をした鱧料理は本当に美味

ひなたさんにも手伝ってもらって…

 

 

 

 

ENIMAGE1338699184950鱧完成品2.jpg 鱧づくしのお昼御飯が出来上がりました

皆さんがさばいた鱧は揚げてからタレに絡めて「ひつまぶし」に

揚げることによって骨切りが粗くても美味しく食べることができます

 

 

 

鱧というと特別な魚みたいに思われがちですが、フグみたいに毒があるわけじゃありません

素人が初めてさばいた鱧でも、調理法ひとつで美味しくたべられることがわかってもらえたかな?

 

ま〜、ご家庭で鱧をさばく機会もないでしょうけど(笑)、今回は美味しさも含めて「体験」ということで。。

 

みなさんお疲れさまでした。

 

フードライターの大久保朱夏さんも今回の様子を紹介してくださっています

最高級アジをお料理しよう

5月23日(水)

ENIMAGE1337737955459お魚くらぶアジ1.jpg

いかにもアジ!という、少し汗ばむ五月晴れの水曜日

今回は築地で最高の評価を受けている

出水の釣りアジ

 をテーマに開催しました

 

 

ENIMAGE1337743813637お魚くらぶあじ2.jpg

いつものようにさばき方のデモをしたら

さっそく実習スタート 

最高級といってもアジはアジ
確かに特別なことは何もないのですが、みなさんがあまりにフツ―にさばくので複雑…

 

 

ENIMAGE1337743858701お魚くらぶアジ3.jpg

僕がこのアジを扱うときは、値段云々ではなく、素材の素晴らしさを損なわないようにしたいので少しだけ慎重になります

水気をしっかり取るとか、力任せにいかないとか、そういうところが味の差になって表れてくるもの

そこら辺をもっとしっかり伝えるべきだったか…

 

 

ENIMAGE1337746472758お魚くらぶアジ4.jpg

などとウジウジ考えていましたが、

美味しいものには説得力があるようで(笑)

 

アジの刺身、タタキといった生食もさることながら

 

 

 

ENIMAGE1337746437422お魚くらぶアジ4.jpg

やはりこれ!

出水のアジで作ったアジフライ

市場の友達は口をそろえてもったいないと言いましたが

余計な水分が身に含まれていないので、釣りアジのフライはやはり別格。

 

要するに、

最高の素材を、最高の状態で届けてくれる人がいるから、最高に美味しいお魚が食べられる。

だからできる限り丁寧に扱ってあげて欲しい…

そういうことが実際に食べてもらうことで全部伝わったようです。

 

こんなの食べたら普通のアジは食べられない…

そんなことを言っていた方もいましたが、それはそれ。

 

ある意味罪作りなお魚くらぶ、今後もどんどん開催していきますよ〜(笑)

 

イカをきちんとさばいてみよう

 5月13日(日)

ENIMAGE1336873520441素材.jpg 爽やかな五月晴れの日曜日、イカをきちんとさばいてみようの会を開催しました

「ここはお料理教室?」と勘違いされそうな写真から入りましたが、

「お魚くらぶ」はあくまで「お魚教室」

 

 

今回はアオリイカ、白いか、ヤリイカ、ホタルイカをご用意

すべてイチからさばいてもらうところからスタート!

 

ENIMAGE1336881346667デモ.jpg

これはある参加者の方が白イカの皮をむいているところ

一見、優雅にやってるようにみえるかもしれませんが

ここまでたどり着くまでに手も調理台も墨だらけ

まさに悪戦苦闘の連続だったみたいです

 

 

ENIMAGE1336884943697お魚くらぶカルパッチョ.jpg

そんな苦労の甲斐もあって

ランチには彩りも鮮やかなイタリアンが出来上がりました

 

これはアオリイカのカルパッチョ

 

 

ENIMAGE1336884556852アクアパッツァ.jpg

 続いてヤリイカのアクアパッツァ風

ヤリイカにハーブ入りのソーセージを詰めた簡単メニューです

旬のあさりの出汁をたっぷり使って蒸しあげました

 

 

 

ENIMAGE1336884717852イカパスタ.jpg

 ホタルイカのカルボナーラです

仲良しの安藤耀司シェフに教えてもらった
生ホタルイカを塩漬けにしたものを味付けに使っています

 

 

 

 

思ったよりイカの掃除に時間が掛って、気付くと定刻をかなりオーバー

特にお子さんたちは長くて飽きちゃったかな…などと心配しましたが、

美味しいものを食べたらみんな笑顔になってくれました。

 

美味しい魚は人をやさしくさせるんですね(笑)

 

皆さま、お疲れさまでした。

 

 

最高級金目鯛を堪能しよう

ENIMAGE1335309872244お魚くらぶ金目1.jpg

4月25日(水)

「最高級金目鯛を堪能しよう」の会に、今回も16名の皆さまが集まってくださいました。

今がまさに旬の金目、一年で一番手に入り易い時期なのですが、
折からのシケで、産地や大きさにバラつきが!

非難轟々を覚悟していたのですが、心やさしい皆さまのご理解を得て…

 

 

 

お魚くらぶデモ.jpg

無事にデモからスタート!

金目はおろすのが難しいお魚。
僕なりに研究を重ねてこの日に臨みました

これは頭を割っているところ。

骨は軟らかいので、この辺りは余裕でやってますが

いつも以上に反応をうかがいながら慎重に説明していきます

photo by h.yosida

 

 

 

 

ENIMAGE1335325242861お魚くらぶ金目試食用.jpg

そんなこんなで実習突入

今日はわからなくなったら積極的に質問する雰囲気だったので、僕も自然とハイテンションに(笑)

その雰囲気のおかげで、悪戦苦闘しながらも

皆さん何とか形になってたんじゃないかと思います。

 

 

 

 

ENIMAGE1335328489710お魚くらぶ金目完成.jpg

お楽しみの試食タイムは

前の写真のように切り分けたパーツを駆使して

お刺身、炙り、煮付け、カマの味噌汁 を作ってみました

写真にはありませんが、アシスタントの畠山さんが差し入れてくれた手作りプリンも大好評でした

 

 

 

 

ENIMAGE1335328022294お魚くらぶ金目煮付け.jpg

つくづく感じましたが、旬のお魚って美味しいですね

でも本当に美味しいお魚に出逢える機会ってなかなかないようです

来月のアジ、6月の鱧

これからも最高のお魚を用意していきたいと思います    シケには勝てないけど。。

 

 

 

 

第7回イベント

DSC_0370お魚くらぶまぐろ.JPG

4月8日(日)

桜も満開となったこの日、今回から月イチの定期イベントに格上げとなった

「とにかくお魚をさばいてみよう」の会を開催しました。

今回は 鯛×1、鯵×2、殻付トリ貝×2、アオヤギ貝×2 がひとり分のノルマ

 

 

 

今回はstudio WA-ON主宰で多方面にてご活躍の飯田和子先生がお手伝いしてくださいました。 

先生はキッズキッチン協会認定インストラクターでもあるので、今回親子で参加された方はラッキーです。

 

20110609代用.jpg 

いつものようにデモからスタート

基本の三枚おろしのコツを伝授します

 

 

「百聞は一見にしかず」だし、軽く流して…と毎回思うのですが、語り出すと止まらない。

ついつい詳しくなりすぎて、予定時間を10分オーバー

この時点でちょっと焦りが…

 

karatorikannkoku2.jpg続いて貝を剥いてみます

トリ貝はおそらく一番簡単な二枚貝なので

前回使った赤貝やホッキよりコツがつかめたんじゃないかな

 

 

 

DSC_0371お魚くらぶまぐろ2.JPG貝の下ごしらえが終わりかなり時間もおしてきて、空腹もピークを迎えた頃、

     本マグロ登場!

築地の仲間樋長提供の、この素晴らしいマグロをサクどりして切りつけして、ふと周りを見渡すと

 

 

皆さんなんとなく試食の準備ができていたのでびっくり

素直な参加者の皆さんに感謝、感謝です

 

ENIMAGE1333861339638海鮮丼.jpg各自さばいた4品にマグロとアオリイカ・ホタルイカ・イクラを加えて

本日も豪華海鮮丼ができあがり!

いかにも春らしい丼になりました。

 

 

 

毎回バタバタになる 「とにかく・・・」の会ですが、

上達するコツは慣れることなんだし、

初心者の方にはお魚をさばく体験をしてもらう、できる人はひたすら数をこなしてもらう

それくらい開き直って続けていこうかと思います。

ほったらかしにするとか、ハードルを上げるとかの意味じゃないですけど、

テーマ別の会では比較的じっくり教えられますし、ボリューム減らしたら他にもやってる所あるし…

 

そういうわけで、皆さま、お疲れさまでした。

次回もまたお待ちしております。

 

最後に、本日お手伝いして下さった飯田 和子先生のご協力で 、来月には念願の親子教室を開催できそうです。  

詳細は決まり次第HPにUPしますので、そちらも宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

第6回 イベント

第6回  旬の鯛をまるまる調理してみよう

 

ENIMAGE1331431116302お魚くらぶ3月11日1.jpg

 3月11日(日)

今回のテーマは日本人が古より愛してやまない

週の半ばからシケ続きでかなり心配しましたが
ひとりにつき一匹、良い鯛を用意することができました

 

 

DSC_0321 3月11日2.JPG

いつものようにさばき方のデモからスタート

鯛の骨はとても硬いので、力任せにさばくとグチャグチャになってしまいます

包丁を入れる場所や角度に気をつけて、やさしくやさしく…

 

 

DSC_03243月11日鯛.JPG

少しくらい骨に身が付いたって問題ありません

まるまる=骨も無駄にしないのだから、その分潮汁が美味しくなるくらいに思ってればいいんです

 

 

 

ENIMAGE1331442850435お魚くらぶ3月11日4.jpg

今回は…

頭は兜煮に、身はお刺身と鯛飯に、アラは潮汁と鯛飯の出汁に使いました

お刺身を引いた後の皮と卵も兜煮と一緒に炊き上げてあります

 

 

 

工夫すればまだまだお皿の数は増やせます

参加してくれた皆さんが、お持ち帰りした分で楽しく美味しく召し上がってくれたら嬉しいな

 

皆さん、お疲れさまでした

それにしても旬の天然マダイはやっぱり美味いな〜

 

追加イベント

お魚くらぶ2012-03-07 11.00.28.jpg  3月7日(水)

春の気配が漂う中、「とにかくお魚をさばいてみよう」の会を開催しました。

想定外の反響があった先月の会の追加みたいな感じだったのですが、
今回も定員いっぱい、16名の皆さまが集まってくださいました。

左の写真は集めたお魚。 今回もこれで一名様分です(金目は除く)

 

上段左から ヤリイカ ヒラメ イサキ
中央は金目 貝はホタテとホッキ 

 

 

 

 

 IMG_5187お魚くらぶ.jpg

  いつも通りデモからスタート

 今回は全種類ひと通り流してから実習に入りました。

 デモが終わった頃には皆さん頭が???状態だったと思うのですが、

 実習中にレベルに応じたアドバイスをしていく作戦です

 

 

 

 

 ENIMAGE1327825681950ぶりひなた.jpg

 もちろん、ひとりでは回りきれませんが、

 今回も 料理教室 ひなた を主宰するひなたひろこ先生が応援にきてくださったし、

 アシスタントをしてくださる道脇さんの助けもあって、

 前回より、参加された皆さんがマンツーマンでアドバイスを受ける機会は増えたと思います。

 …たぶん。

 

 

 

 

 

お魚くらぶ2012-03-07 13.49.28.jpg 今回も皆さんが自分でさばいたお魚の他に

 本マグロ、銚子産金目ダイ、イクラ、蟹フレーク を一緒にのせて

 豪華海鮮丼のできあがり

 このレベルがお約束になると自分の首を絞めることになりそうなのですが…

 

 

 

皆さんが幸せそうな顔をして召し上がっているのを見てしまうとね。

 

ここでお知らせです。

「とにかくお魚をさばいてみよう」をしばらく月イチのペースで開催したいと思います。

 

今月は平日開催だったので、来月は休日開催かな… 

詳細は近いうちに。

 

 

 

 

  

 

第5回イベント

2月25日(土)

2・25−3.jpg 

 自分でフグを料理してみようをテーマに第5回のイベントを開催しました

 といっても、除毒済の安全な磨きフグをひとり一匹分ご用意…

 

 

 

 

 

DSC_0060菊-2.jpg

     

     写真のような菊花造りにチャレンジです

 

 

 

 

 

 

 

 

ENIMAGE1330171601234お魚くらぶ.jpg

     その前に、フグってさばき方が独特だったりするのでその練習

     皆さん初めてだったので少々時間は掛りましたし、

     テクニックも多少必要ですが、実はそれほど重要ではないんです

 

 

 

 

 

 

簡単に言ってしまえば、磨きフグの場合刺身になるところ以外は全部鍋・から揚げになりますから、

骨に身が沢山ついてしまっても、それは鍋とかから揚げがその分美味しくなると思えばいい。

お商売じゃないんだから、見た目も気にしすぎなければ…

 

 

 

ENIMAGE1330171645530お魚くらぶ2・25−1.jpg

  

 

    てっさだってちょっと厚めにひいたほうが美味しかったりもするんです

  

     

 

 

 

磨きフグってウロコはないし、血もでない

さばく手順さえ知ってれば、実はご家庭で扱いやすいお魚です

 

おうちでフグ

 

今は普通の発想ではないようですけど、決して不可能なことじゃない

参加してくださった皆さんがそんな風に感じてくれたら幸せです

 

磨きフグ、近々町の魚屋さんでも取り扱いができるようになるらしいですよ

第4回イベント

DSC_0279お魚くらぶVol4 4.JPG 2月22日(水)

   「とにかくお魚をさばいてみよう」をテーマにイベントを開催しました

   とにかく…なので、今回は1名様分で左の写真のボリューム(あとスミイカ1ハイも)

   かなり忙しい会になることを想像しつつスタートです

 

 

 

イサキ、アジ、方々、小タイ(魚・上から)
アオヤギ、赤貝、ホッキ貝(貝・左から)

 

 

CA8ORSTOお魚くらぶVol4 1.jpg

  イサキを使って三枚おろしの基本と

  貝の剥き方のデモをしたら実習開始

 

 

 

今回もお料理教室を主宰されている日向ひろこさんがお手伝いにきてくれて (日向さんの教室についてはこちらから

アシスタントの道脇さんと3人で手分けしてアドバイスをしたのですが、

 

それでも参加者の皆さんはやることが多すぎて、

ある方の弁を借りれば

 

怒涛の…

 

実習タイムだったようです

 

 

DSC_0286お魚くらぶVol4 5.JPG

  昼食にはお約束通り

  こんなに豪華な海鮮丼ができあがりました

  

  自分でさばいたものの他に

  生の本マグロ、調味料無添加の蟹フレーク、北海道産のイクラものっていて…

 

 

完成した丼を前に、皆さんがとても幸せそうな顔をしていたのが印象的でした

段取りの悪さも帳消しになったかな・・・

  

 

1月のイベント

ENIMAGE1327816641714ぶり1.jpg

1月29日(日)

 

「旬の寒ぶりを食べ尽くそう」と題して第3回のイベントを行いました

シケが続いてヒヤヒヤしてましたけど

なんとか対馬産11sUpのブリを用意することができました

 

 

 

ENIMAGE1327825681950ぶりひなた.jpg

 

皆で一匹のブリをおろして、調理して、美味しく食べるのが今回のテーマ

ブリをさばき終わってからは手分けしていろんな作業をしてもらいました

ひなたサンもお手伝いに来てくれて…

 

 

 

ENIMAGE1327828626083ぶりだいこん.jpg

 

美味しいブリ大根を作ってくれました

 

が、気がつけばほぼ完食。 僕も大根食べたかったです。

生徒さんの相手もしてくれて、今回もお世話になりっぱなし…いつもありがとうございます

 

 

 

ENIMAGE1327826867751ぶりできあがり.jpg

生徒さんもがんばってました。

しゃぶしゃぶ、刺身、照焼用の切身…

僕はほとんど手を出してないんですけどこの通り。

 

 

 

ENIMAGE1327826084531ぶりかま.jpg

 

カマは豪快に塩焼きに

 

僕的にはこれが一番おいしかったかな。。

 

 

 

ENIMAGE1327826712068ぶりみく.jpg

今回最年少のみくちゃんが作ってくれたのは

 

ブリの胃袋と心臓の炒め物

 

とっても美味しくできてました

 

 

皆さんが積極的にお手伝いしてくれたのがとても印象的でした

一方的に教えるばかりではなく、みんなで何かを作るのもおもしろいですね。

 

皆さん、お疲れさまでした。

 

最後に…

ひなたさん、ようこちゃん、あっこちゃん、そしてなおこさん、今回もありがとうございます

 

第2回イベント

CA36NAVLイベント12月.jpg 12月11日(日)

 「お正月のおつまみを作ってみませんか?」をテーマに2回目のイベントを開催しました。

 今回は、大人13名、子ども4名のご参加がありましたが、遠くは富山県よりいらした方もいて、反響の大きさに少々びっくり!  身の引き締まる思いでスタート。

 

 

 

ENIMAGE1323578329275くらぶ12月イベント.jpg

 まずは材料のサバ、ヒラメ、スルメイカを捌きます。

 皆さん、果敢にヒラメのすき引きにチャレンジ。

 やはり悪戦苦闘してた方が多かったようです。

 

 

 

でも、やってみよう!とする姿勢がGOOD

その気持ちが上達への近道です。

 

 

今回の献立は

ENIMAGE1323581081088くらぶ12月しおから.jpg 

 

<イカの塩辛>

青森県産スルメイカを使いました。

冬場は肝に脂がのっていて濃厚に仕上がります。

 

 

 

 

ENIMAGE1323583852822くらぶ12月ヒラメ.jpg 

<ヒラメの昆布締め(浅締めタイプ)>

青森県産活ヒラメを使いました。

旬の走りですから、小型でも味が良かったです。

 

 

ENIMAGE1323581120721くらぶ12月からすみ.jpg 

<タラコのカラスミ>

簡単レシピを伝授。

羅臼産釣助子を少しずつお土産に渡して宿題にしました。

 

 

 

 

ENIMAGE1323581047850くらぶ12月棒ずし.jpg 

<サバの棒ずし>

巻き簾を使った棒ずしにチャレンジ

酢飯のレシピはお料理研究家のひなたサンにご協力いただきました

 

 

 

 

 詰め込み過ぎの感はぬぐえませんでしたけど、概ね好評だったようで一安心。

 参加して下さった皆様、長時間にわたりお付き合いいただきありがとうございます。

 

 次回は1月29日(日)に開催予定

 詳細は後日、HPにておしらせします。

 

第1回 あんこうを美味しく食べよう

DSC_0019tocあんこう1.JPG

11月13日(日)

五週間ぶりに良く晴れた日曜日、記念すべき第1回イベントを行いました

今回のお魚はあんこう
マニアックに思われがちですが、技術は特にいらない魚です

 

 

 

DSC_0021あんこう5.JPG

必要なのは好奇心と美味しい魚を食べたいって思う気持ちだけ

例えば、こんな風に胃袋を手袋にして掃除をしてみたり

皮が一発で剥けてはしゃいだり…

 

 

 

DSC_0022tocあんこう3.JPG

 

楽しみながら各自解体したところでお料理スタート

(今回はひとり1パイのアンコウを用意できました)

 

 

 

 

DSC_0024tocあんこう6.JPG

 

どぶ汁は水をまったく使わずに作る味噌ベースの漁師鍋

焦げないようにまぜてまぜて…

 

 

 

DSC_0023tocあんこう4-1.jpg

 

頭のほうの骨付き肉はから揚げに

 

 

 

 

DSC_0025tocあんこう7.JPG

 他に黒コショウを効かせたアン肝のディップと

いいとこ取りした身だけを使って昆布ジメを作りました

 

やっぱりアンコウって美味しい

 

 

今回は私の至らぬ点を皆さんでフォローしてくれて本当に助かりました

次回はもう少しだけきっちりと、でもまたみんなで楽しい会にしていければと思います

参加してくれた皆さん、お疲れ様。 そしてありがとうございました。

 

DSC_0020tocあんこう2.JPG

 

 

 

special thanks to naokosan, hinatasan

 

 

 

▲このページのトップに戻る